--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.18

長渕は良い

なんていうか、夕飯の後に飲むビールに小さな幸せを感じ出している部分がまずい。非常にまずい。
学生時代に上昇気流の発生するポイントにひたすら張り込んで明らかに不振がられたり、そよ風のいたずらと出会えそうな女子高生を蛇のような執念深さで執拗にストークしていたら知らない土地に迷い込んでしまったり、夜中に一人で歩く女性を疑心暗鬼にさせる距離でストークしていたら叫び声を上げられて真剣に逃走力ずくの二択で迷ったりしていた勇者の心はどこに行ってしまったのか。
このまま朽ちていくのならば、いっそキレイなままで死にたいと、そう思う。
尤も今の自分がキレイかどうかははなはだ疑問ではあるが。

長渕の歌詞に対して大いに共感しだした辺りから、なんとなくそういう朽ちているというか、枯れてゆくのを実感した気がする。
そもそも新しい音が聞きたいと思い長渕をチョイスした時点でなんかミスリードしている気もする。
またオレは間違えたのかな?って気がする。

そろそろ「プゥーーーーン」ってメカの電源が切れる感じに機能停止してしまうんじゃなかろうか。
スポンサーサイト
Posted at 01:21 | Diary | COM(0) | TB(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。